スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北川湿地の昆虫たち
2010/06/14(Mon)
三戸 20100611000003_2 コジャノメ

三戸 20100611000005ラミーカミキリ
撮影 6/10@三戸 by Sさん


フクロウくんからの報告です。

「市道部分の暗い道にはコジャノメ2♂が残っていたよ。
発生盛期が過ぎているので、だいぶ汚損してたけどね。
明るい尾根道のカラムシにはラミーカミキリが3頭。
きれいなカミキリムシだなあ。
蝶はコジャノメ以外では、
モンキアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハ若齢幼虫、
モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ルリシジミ、キタテハ、
サトキマダラヒカゲ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウを確認。。
みんなまだいてくれてうれしいな」


こうした生き物の環境が、簡単に消えていくこと、
そしてそれをどうしても止められないことが残念でなりません。


スポンサーサイト
この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
土砂に埋まっていく生き物*蝶の行方
2010/06/06(Sun)
1.アカシジミ♀ 2009年6月7日 初声町三戸 20091208000000001  アカシジミ
2.ウラナミアカシジミ♂ 2009年5月25日 初声町三戸 20091208000000001 ウラナミアカシジミ
撮影 去年の今ごろ@三戸 by Sさん


北川湿地のフクロウくんからの声です。

<蝶たちの行方>

去年たくさんいたコジャノメ(ジャノメチョウの仲間)が今年は全くいなかったなあ。
三戸(北川を含めて)、小網代、金田の暗い林にはこのコジャノメとクロコノマチョウが生息していて、三浦市内ではこの周辺だけが確実な生息場所なんだよ。
無事に生きててくれるといいのだけど。。

もひとつ心配なのは、この時期に羽化する蝶たち
アカシジミとウラナミアカシジミの行方なんだ。
幼虫はクヌギ、コナラを食べて育ち、蛹化はそれぞれの根元の枯葉などを利用する。
アカシジミはちょうど今が羽化時期でウラナミアカシジミはやや遅れて羽化するのだけど
今回の土砂の埋め立てで、羽化前に多くの蝶の幼虫・蛹は土砂の下敷きになってしまったみたい・・
アカシジミは6月1日に三崎口駅に近い三戸の雑木林の梢を黄昏時に飛ぶ1頭を見た。
発生の早いアカシジミは何とか北川の生息地から逃げられたかもしれないけど。。
この時期羽化する蝶は他にオオミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ。
この2種も同様な運命だろうなあ。

生まれる直前に土砂に埋まってしまったたくさんの幼虫たちがほんとうにかわいそうだ。

でもぼくたちフクロウも森がなくなってしまった今、
生きていくのはむずかしい。。

ぼくたちは知らない間にひっそりといなくなるよ。
もう住むところも食べるものもないんだ。
そんなこと、きみたち想像できる?
人間は自分たちのことだけしか考えられないんだね。


この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
北川湿地:パネル展示
2010/05/30(Sun)
本日の鎌倉でのイベント鎌人いち場 で展示をするために
北川湿地を守りたいひとびとの輪のメンバーの1人がパネルを作ってくれました。
力作です。
絶滅危惧種の水生植物、
チャイロカワモズクがキャラクターになっています。(カワイイ)

北川湿地P

北川湿地 P2

北川湿地 P3

design yuriko


この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
北川湿地の説明*動画
2010/05/30(Sun)
5/5の2000人手つなぎのイベントのとき
三浦・三戸自然環境保全連絡会の代表。横山さんに
湿地の入り口で次々と来る参加者にお話しをしていただきました。

それを参加者のおひとりが記録してくださっていました。
1~7まであります。
これまでの経緯や湿地の現状などがざっとわかります。

・エラーになったらタイトルをクリックするとyoutubeのサイトになり見ることができます

movie sgi
この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
ナチュラル・ミスティック
2010/05/29(Sat)
生き物たちの気配や声であふれていた、
かけがえのない、いのちの満ちる森と谷戸

ナチュラル・ミスティック

人の手が入らず、誰にも知られずひっそり残っていた
この手付かずの、清浄な森と湿地に、いま
残土と言われる、異質でどこのものかもわからない、圧倒的な量の土が投げ込まれています
湿地はもうそのほとんどが埋められてしまいました
おたまじゃくしもカエルになることなく埋められて
シュレーゲルの声も減りました
蛍もまた

土だって、汚され、掘られ、運ばれて、ここを埋める
そんな土になりたくなかっただろう

これまでもあたりまえにやってきた、こうした開発
それはもうゆるされない段階にきているはずです
これ以上、生き物たちの住み処、ぎりぎりの生存の場を奪っていいわけがありません

そちらに行かない智慧
ひきかえす方策

これからのとてもむずかしい道です
さがしたい、さぐりたい
ほんとはどこかでみな知っているのです


*この映像は一ヶ月ほど前、上流のまだ手がはいってない部分です
 ここもまもなく土砂で埋まる勢いです

・エラーになったらタイトルをクリックするとyoutubeのサイトになり見ることができます

movie shunro
この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。