スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
カナロコニュース 2
2010/06/27(Sun)
このようなニュースがまた掲載されました。
みなさんはどのようにお感じになられるでしょうか。
小川エリアに展示される種類はみな北川湿地に生息していた生き物たちですよね・・
「展示」ってどのようにされるのでしょうか。気になります。

●カナロコ 神奈川新聞社ニュース 6/23
カワウソを行動展示へ、京急油壺マリンパークに新施設7月オープン/三浦
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1006230054/

:::::
京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)に7月中旬、新施設「かわうその森」がオープンする。カワウソを行動展示するとともに、自然の小川を再現し県内の希少生物を観察できるエリアを設ける。同パークは「日本で絶滅した可能性が高いとされるニホンカワウソが、再び日本ですめるよう願いを込めた。(海外のカワウソだが)近い将来、繁殖させ、家族がすむ森を再現したい」と話している。

 展示エリアは約1350平方メートル。東南アジアに生息するコツメカワウソ2ペア4頭を展示し、透明な筒を通る姿や餌付けする姿を間近で観察できる。小川や複数の池などを再現したエリアでは、ヘイケボタル、ニホンアカガエル、三浦メダカ、フクロウなど約50種2千点を展示する予定。

 同パークは、三浦半島に生息する絶滅危惧(きぐ)種など希少生物の繁殖保護活動に地元小学校と連携して取り組んでおり、将来的には繁殖した生物を同施設で飼育する考えだという。

 同パークは「カワウソをはじめ、昆虫や鳥、魚などたくさんの希少な生物を身近に観察できる」と話している。
この記事のURL | 報道 | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。