スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
北川湿地:パネル展示
2010/05/30(Sun)
本日の鎌倉でのイベント鎌人いち場 で展示をするために
北川湿地を守りたいひとびとの輪のメンバーの1人がパネルを作ってくれました。
力作です。
絶滅危惧種の水生植物、
チャイロカワモズクがキャラクターになっています。(カワイイ)

北川湿地P

北川湿地 P2

北川湿地 P3

design yuriko


この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
北川湿地の説明*動画
2010/05/30(Sun)
5/5の2000人手つなぎのイベントのとき
三浦・三戸自然環境保全連絡会の代表。横山さんに
湿地の入り口で次々と来る参加者にお話しをしていただきました。

それを参加者のおひとりが記録してくださっていました。
1~7まであります。
これまでの経緯や湿地の現状などがざっとわかります。

・エラーになったらタイトルをクリックするとyoutubeのサイトになり見ることができます

movie sgi
この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
ナチュラル・ミスティック
2010/05/29(Sat)
生き物たちの気配や声であふれていた、
かけがえのない、いのちの満ちる森と谷戸

ナチュラル・ミスティック

人の手が入らず、誰にも知られずひっそり残っていた
この手付かずの、清浄な森と湿地に、いま
残土と言われる、異質でどこのものかもわからない、圧倒的な量の土が投げ込まれています
湿地はもうそのほとんどが埋められてしまいました
おたまじゃくしもカエルになることなく埋められて
シュレーゲルの声も減りました
蛍もまた

土だって、汚され、掘られ、運ばれて、ここを埋める
そんな土になりたくなかっただろう

これまでもあたりまえにやってきた、こうした開発
それはもうゆるされない段階にきているはずです
これ以上、生き物たちの住み処、ぎりぎりの生存の場を奪っていいわけがありません

そちらに行かない智慧
ひきかえす方策

これからのとてもむずかしい道です
さがしたい、さぐりたい
ほんとはどこかでみな知っているのです


*この映像は一ヶ月ほど前、上流のまだ手がはいってない部分です
 ここもまもなく土砂で埋まる勢いです

・エラーになったらタイトルをクリックするとyoutubeのサイトになり見ることができます

movie shunro
この記事のURL | 記録 | CM(0) | ▲ top
京急電鉄へ「蛍の湿地を埋めないで!」
2010/05/28(Fri)
5/5
<2000人で手つなぎ>



500handsで手つなぎ
一番開発が進んでいる搬入ロを手を繋いで囲みました。

*エラーになって見れない場合は画面上のタイトルをクリックしてください。
 youtubeの画面になって見れるようになります。



movie koko
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
《北川湿地を守りたいひと》が個人でできること
2010/05/27(Thu)
sitti.jpg
photo shunro

《北川湿地を守りたいひと》が個人でできること

■ 京急の社長さん会長さんに手紙を書く

   〒108-8625港区高輪2-20-20 京浜急行電鉄(株)
         取締役社長 石渡恒夫様
         取締役会長 小谷昌様

■ 三浦市市長へ手紙を書く/電話する

   〒238-0298 神奈川県三浦市城山町1番1号 
                 046-882-1111

■ 三浦市hpインターネット目安箱に意見を送信する
  
■ いろいろなメディアに知らせる
■ 連絡会のブログに書き込みをする
■ 自分のブログに載せる・メール転送
■ オンライン署名をする
■ そのほか思いつくピースな手段なら何でも



kaihatu.jpg
photo shunro
この記事のURL | 行動 | CM(0) | ▲ top
《鎌人いち場》にブース出展 5/30@鎌倉市海浜公園
2010/05/27(Thu)
5-30チラシn
design sachiko

少しでも多くの方に北川湿地の問題を知っていただくために、
5月30日「鎌人いち場」(かまんどいちば)の情報発信のコーナーにブースが出展されることになりました。
当日は三浦・三戸自然環境保全連絡会の横山さんも参加されます。
ぜひ駆けつけてくださいね。

*上のチラシはそのときに配るもの(横三つ折り用)です。

鎌人いち場(かまんどいちば)

【日時】 5月30日(日 9:00~16:00 ※雨天中止
【場所】 鎌倉市海浜公園 http://www.kamandoichiba.com/04.html

【プログラム】 情報発信コーナーに出展しています。

・パネル展示。
・北川湿地のジオラマ。 北川湿地に棲む生き物をご覧いただけます。
・ライブ演奏。 (毎時00分開始を予定)
・来場者参加型ライブペインティングによる垂れ幕づくり。
    9:00~13:00頃まで
    テーマは「あなたが未来に残したい里山や湿地のイメージ」
・サロンスペースでのトーク。
   (開始時間は情報発信コーナーの掲示板に張り出されます。)
・レターライティングキャンペーン。
    京急社長宛に「北川湿地を残してください。」
    というはがきを送ってもらうための、はがきの配布。

・・・・
鎌人いち場とは
鎌倉を愛する人々によるコミュニティーマーケット。
フリーマーケット、物々交換、各種ワークショップ(ものづくり、ヨガ、体操、演奏なんでも!)、外国の方々との文化交流、鎌倉のショップの情報・紹介、 NPO 団体等団体、個人を問わず日頃の活動紹介、売ります買いますから、あげますいりますまで、とにかく色々、たくさんのお店が並びます。
前回の鎌人いち場の様子を動画にてご覧いただけます。 http://www.kamandoichiba.com/index.html
この記事のURL | イベント | CM(0) | ▲ top
裁判傍聴
2010/05/24(Mon)
裁判 
裁判の前に掲げようと当日朝、急きょつくったチラシ


5月18日(火)10:30より横浜地方裁判所502号法廷において,
三浦市三戸地区発生土処分場建設事業の差し止めを求めた訴訟における,
第1回口頭弁論期日が終わりました。
原告は「北川湿地の生き物」の他に三浦・三戸自然環境保全連絡会と近隣住民の方達。
あまりしめしあわさず出かけたのだけど、着いてみると傍聴席は満杯状態、
裁判所には似つかわしくない面々
裁判官もビックリ仰天のお顔。

裁判長より請求の趣旨の確認があり,
原告らの主張主旨が口述されました。
その後,検証の請求がされましたが時期の関係で却下され,
現地和解が原告代理人より提案されましたが,
裁判長の方から「まずは湿地のビデオ撮影等をしたらどうか」と
代理人同士で協議することについて提案がなされました。
被告代理人は「検討する」と持ち帰りました。

公判に関するニュース
「京急は争う姿勢 北川湿地訴訟」ーasahi.com

次回第2回期日は7月6日(火)10:30~となりました。

上記の裁判の記述は一部、三浦・三戸自然環境保全連絡会のサイトより文をお借りしました。

北川湿地にはもうすでに土砂がものすごい勢いで運び込まれ、どんどん埋められています。
法律にはなにも反していないけれど、法律のほうがおくれているように思います。
これを続けてしまうことは、開発側にとっても決して幸せな未来とは思えません。
勇気をもって方向を切りかえていく、その道を選択してほしい、そう願います。
ほんとうはわかっているはずです。
この記事のURL | 裁判 | CM(0) | ▲ top
京急の社長さんにハガキを出そう
2010/05/24(Mon)
   北川湿地ハガキ  北川湿地ハガキ京急宛名
 
ハガキを印刷しました。
手渡しで受け取られる方は、メッセージを書いて送ってください。
パタゴニア鎌倉店でもらうことができます。
直接受け取れないけれど、メッセージを送ってくださるという方はこちらからダウンロードをお願いします。

ハガキ宛名↓
http://www.kndmst.net/mito/hagakiKQ.pdf
ハガキ裏面↓
http://www.kndmst.net/mito/hagakiN.pdf
切手代のみご負担ください。

中傷や抗議ではなく、
湿地の生き物の代弁者として、誰もが心豊かになれるこれからの開発の提言など、
開発側とも共に歩み寄って、新しい道を探る糸口となれるような、そんなお手紙だといいなと思います。
この記事のURL | 行動 | CM(0) | ▲ top
2000人で手つなぎ*北川湿地 5/5
2010/05/24(Mon)
手つなぎグリーンw
design sachiko

イベントは終了しましたが
5/5にこのようなイベントをしました。
当日集まってくださった方は300人ほど。

工事の土砂のなかで命を終えていった小さな湿地のいきものたちのために
失われゆく水の循環の尊さと
まだそこに在るたくさんのいのちのために
これからの開発のあり方を問うために
5月5日
来た人たち全員で、手を繋いで、やさしくたのしく湿地を囲みました。
来れない人もそれぞれの場で一緒に参加してくれました。
ここだけではない、たくさんのこうしたことのために
繋がる大きな輪をつくりました 


以下のイベントも終了しましたが、このようなことをしました。
******

【失われる危機にある三浦のうつくしい谷戸、いのちの水辺、北川湿地を知っていますか】

    
神奈川県で最大規模の平地性湿地「北川湿地」

絶滅危惧種の生き物がたくさん。その命をようやく育むことのできる場。サンクチュアリ

フクロウの家族、ノスリ、アカガエル、アオカエル、メダカ、ホタル、イタチ・・

多様な生き物たちが営巣し、森や水辺の生態系ゆたかな大切なところ

周囲にはもう彼らが生きる場所はありません

そう、奇跡的に残っていたうつくしい原生の湿地、いのちの水辺

将来にわたって残していきたい、かけがえのないこの地域最後の湿地帯です



:::::

そこがいま残土処理場になりつつあります。すでに一部埋め立て工事もはじまりました。
もう手遅れかもしれない、
でもまだ何かできることがあるはず。
開発する側とも協力しあってなんとか残す道を探っていくことができないでしょうか。

この奇跡的に残っている北川湿地が残土処理場にされることなく、もっと気持ちのよい、自然と共生できる場所になることを願って、これまでこの湿地の保存活動に奔走してこられた三浦・三戸自然環境保存連絡会の方といっしょに下記のようなイベントを開催いたします。ぜひご参加いただけたら嬉しいです。

************************************

4/26  【北川湿地を知ろう】北川湿地のお話会@coya

************************************

逗子coya 18:30 オープン 19:00スタート 
スライド含めて今までの経緯、現状を保全活動に奔走されている三浦・三戸自然環境保全連絡会の横山さんにお話しいただき、これから何ができるかを皆で話しましょう。

主催:北川湿地を守りたいひとびとの輪
協力:トランジション葉山・coya

*********************

5/1-5  【北川湿地見学ツアー】 

*********************

10時 三崎口駅集合 
北川湿地の外周を歩き素晴らしさを体験(反対ではなく、この湿地のすばらしさを体感し、森と繋がっていただきたい、まだ残されているこの自然の贈り物を一人でも多くの人の記憶に残して欲しいという主旨です)

主催:三浦・三戸自然環境保全連絡会
http://www.kndmst.net/mito/
http://mitomiura.exblog.jp/


******************************************

5/5 【2000人で手つなぎ ・北川湿地の生き物たちのために】

******************************************
         
~今のうちにこんなに素晴らしい自然と生き物たちを見に行きませんか~

 皆で手をつないで湿地を囲み、楽しい時間を過ごしましょう。(皆で森とつながり、それぞれの思いを投げかけませんか)
 当日は現地を外から案内し、現状を見ていただいて、皆の意識が森とつながりそこから何かが始まることを願っています。

共催:三浦・三戸自然環境保全連絡会
   北川湿地を守りたいひとびとの輪
   トランジション葉山


  10時 京急三崎口駅集合 順次 湿地外周を歩く
  12時 手をつないで皆と湿地の生き物たちとつながる
  13時~ 湿地で感じた事、シェアしたい事、やりたいことなどを、たかいく農園で楽しく話しましょう。
        *たかいくさんの庭での出店者募集中! コーヒーや飲食のお店、出展大歓迎! 
        *おかずの持ち寄りも大歓迎
                 出店申し込み問い合せはたかいくさんへ
                      takanashi@takaiku-n.com

その他、当日いっしょに動いてくれるスタッフを募集中です。
みんなで楽しいイベントにしましょう。

**********************************************

5/12 【北川湿地を知ろう】北川湿地のお話会@レインボウ・カフェ


**********************************************

三浦・三戸自然環境保全連絡会の方から北川湿地の現状を話していただきます。

14:00~16:00 北川湿地のビデオ・スライド上映。トークほか
19:00~21:00 北川湿地を未来に残すためのワークショップ・ワールドカフェ

葉山芸術祭参加企画
主催:トランジション葉山 


ーーーーーーーーーーーーーー

■北川湿地の情報はこちら

三浦・三戸自然環境保全連絡会
http://www.kndmst.net/mito/
http://mitomiura.exblog.jp/

トランジション葉山
http://tthayama.blog10.fc2.com/



この記事のURL | イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。